リュート奏者つのだたかしが「好きなもの」について気ままにお話しするヴィデオシリーズ「小さな声で」。
第4回は「友人」のことをお話ししています。
1989年に古楽のCDレーベルとして出発した「パルドン PARDON」。
当時はまだインディーズレーベルは少なく、制作も流通も、あれこれ手探りの状態でした。
録音、編集、ジャケットアート、デザインなどその立上げから支えてくれたさまざまな分野の友人たちのこと、そしてそもそものアイディアを与えてくれた出会いについてお話ししています。
ちょっと長めです。温かい飲み物でも楽しみながら、お付き合いください。Pardon
*チャンネル登録もよろしくお願いします。
Share on facebook
シェア
Share on twitter
シェア